ホーム » 代替医療

代替医療」カテゴリーアーカイブ

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

日本の代替医療に対する取り組みの現状

近代西洋医学以外の療法を指す代替医療は、民間療法や伝統医学などから健康食品や食事療法など幅広い分野の療法を含むため、知らず知らずのうちにその恩恵にあずかっている人は多い。しかし、医療現場で取り入れられているかというと、非科学的なものも多いことから、割合としては増加傾向にあるもののまだ発展途中だといえる。

特に日本では、専門的に代替医療に関して取り組んでいる公的機関が存在しないため、国家レベルで研究を行っている欧米と比べると、国の取り組みとしてはやや遅れているのだ。ただし一方で、漢方薬や鍼灸に保険が適用されるなど、東洋医学が医療に積極的に利用されている。また、サプリメントや健康食品も多くの人が摂取しており、生活には代替医療が密着しているというのが現状である。

このような現状は、代替医療が必要な時あまり抵抗なく受け入れやすいというメリットがあるが、それと同時に心配な点もある。それは、医学的根拠がなく信ぴょう性に疑問のある療法が含まれるという点である。国家レベルで臨床実験を行っている欧米と異なり、日本では製造元などからの情報に頼るしかないため、満足な検証がされていない可能性があるのだ。また、病院や医師によって代替医療への取り組み度合いに差があるため、患者が自発的にサプリメントなどを摂取していても、「否定されそう」「怒られそう」などと担当医に話していないケースも少なくない。近代西洋医学での治療に代替医療を効果的に取り組むためには、国家を上げて研究や情報の発信を行い、現場に浸透させることが必要なのである。